抜け毛を防ぐことを第一に考えたシャンプーの選び方は?

現在、脱毛の要因は本当に様々な要因が考えられていますが、健康な成人の脱毛の要因について説明します。。

頭皮の汚れにより脱毛する場合

空気中のホコリやチリが頭皮に付着すると、当然皮膚呼吸がしにくくなり、結果的に抜け毛につながります。

またヘアスプレー、ムースなどのスタイリング剤も、頭皮自体に付いてしまうことが多く、そうなることで皮膚呼吸に影響がでる可能性が高くなります。

それらによって髪の毛を弱まらせてしまう結果になっているのです。

このことからも、頭皮環境を清潔に保つために基本的なこととして、毎日シャンプー、リンス(洗髪する)を行う必要があります。


シャンプーの目的は?

シャンプーをすることの意味を考えたことはありますか?

よく言われていることですが、頭皮というのは皮膚ですので、当然呼吸しています。

日常行うシャンプーというのは、頭皮が呼吸をしやすいように頭皮の汚れを取り除いてあげることが目的なわけです。

また、シャンプーの回数は多すぎても少なすぎてもダメです。

1日1回が基本です。多くても2回までです。

そしてシャンプーすることで重要なのは、スカルプ(頭皮)ケアであって決してヘア(髪の毛)ケアではありません。

あなたはヘアケアが大事だと思っていませんでしたか?

じつはこれが1番の間違いです。

髪そのものよりも髪の土台となるスカルプ(頭皮)の状態を整える、スカルプケアこそが重要なのです。

シャンプーを選ぶ際には、頭皮を保湿する成分が含まれているものを選ぶなど、頭皮のコンディションを整えるよう気をつけてください。

また、間違えて認識されていることとして、頭皮に脂分があると薄毛・抜け毛になるということです。

皮脂には頭皮や髪を『乾燥から守る』という大切な役割がある上、もともと男性は女性に比べて、分泌量が多いとされています。

ちょっとベタついただけでも心配になって、頭をゴシゴシ洗ってしまいがちですが、これは頭皮が傷ついたり乾燥する原因となります。

あまり力を入れずにやさしく洗ってください。

これらの行為は、発毛・育毛にとっては絶対マイナスです。

過剰に分泌された皮脂によって引き起こされる脂漏性皮膚炎などの疾患が薄毛の原因となることもあるようですが、ほとんどの人はあまり気にする必要はないようです。



正しいシャンプー選びとシャンプーの頻度

最近、若い人でも脱毛に悩んでいる人が増えてきていますが、大きな要因のひとつとして、シャンプーの選択があげられます。

強い洗浄力のみを優先させたシャンプーの使いすぎが原因で起こるタイプです。

最近TVのCMで、よく育毛シャンプーの宣伝を見ますよね?

若い人向けや、今ハゲてなくても将来に不安を感じている人向けに、不安を必要以上に煽り立てているので、今ほとんどの若者が自分の髪に関心をもち、宣伝されている洗浄力の強いシャンプーを買っているようです。

たしかに頭皮がスッキリ爽快になるイメージで宣伝されると、頭皮がきれいになっていいんじゃないか?と思ってしまいますよね。

確かにシャンプーをする目的のひとつに汚れた皮脂を取り除くと言いましたが、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に皮脂を取り除くとかえって皮脂分泌を盛んにさせることになります。

自分は脂性だから、毎日朝晩シャンプーするけどすぐにベトついてしまう・・・というケースは、洗浄力の強いシャンプーを使っている影響が考えられます。

洗浄力の強いシャンプーを使い続けている人たちの多くは、 皮脂分泌が間に合わなくなって、表皮の角化現象が起こり、深刻な脱毛症を発症させてしまいます。

今お使いのシャンプーは大丈夫ですか?




シャンプーと肌荒れの密接な関係

市場には、髪に良いという言葉でたくさんのシャンプーが出回っていますが、髪に良いとされるシャンプーを使って顔を洗うと、肌荒れが起きることがあります。

そのようなシャンプーは本質的に髪に良いシャンプーではありません。

市販されているシャンプーの中には、意外と肌荒れを起こす製品が多いものです。

シャンプーは髪を洗うというより頭皮を洗うイメージで洗ってください。




このページの先頭へ