喫煙は育毛の敵!たばこを吸うなら髪の毛フサフサは諦めろ

喫煙されている方はつらいかもしれませんが、喫煙は育毛の大敵です。

なぜかと言いますと、毛髪の影響に欠かせない血行不良を引き起こすからです。

タバコにはニコチンが含まれます。
これは自律神経を刺激し、血管を収縮させる作用があります。

つまり 血管の収縮=血流の悪化 です。

そもそも頭皮へ栄養をもたらす血管が収縮したら、毛髪への栄養不足を招きます。 喫煙をする以上は、育毛をあきらめたほうが良い、という位の悪影響があります。

この自然治癒育毛法をするなら、喫煙は一切しないで下さい。

喫煙することで、体内のテストステロン(男性ホルモン)の量が増加します。
このホルモンはまさにハゲを誘発するDHT-αを生成する要素です。

これにより、皮脂分泌量を必要以上に促します。
また体温が高まる為、皮脂の酸化が進みます。

酸化した皮脂には汚れも付きやすく、これにより皮膚炎を招きます。

皮膚炎が悪化するとは毛包を破壊することもありますが、こうなるとそこからは発毛しなくなります。

喫煙は絶対にやめて下さい。 これは育毛を成功させるための絶対条件でもあります。

但し、これまで説明してきた方法で、毒素を徹底的に出すことにより、タバコを受け付けなくなる方も中には、おられます。
これは身体がニコチンを欲しない体質に変化するためであり、マメに習慣化させることで体が自然とタバコを欲しないようになるからだと考えられます。

いずれにしても、タバコは精神的に「欲しい」という気持ちが、条件反応化されていることもありますので、「育毛をどうしても成功させる!」という強い意志を忘れないで下さい。

一日10本吸うようなら、今日は1本少なくする。
明日は2本少なくする、など、目標を定めましょう。

このページの先頭へ